住宅の購入検討①

今年二人目が誕生するということもあり、本格的に住宅の購入の検討をしている。

正直難しい。ざっとあげるだけでも下記のような検討項目がある。

・周辺の学校

・駅からの距離(埼玉出身である私は気にしないが、超絶ペーパードライバーの妻が気にする

・マンションなのか、一軒家(所有権or借地権)なのか

・間取りどうなのか

・いくらまで出せるのか

・ローンは変動なのか固定なのか

・老後も住むのか

・実家との距離は

・日が当たるのか

・川とか、地形的な不安はないか

・床暖房があるか(妻

・どこまで家に金をかけて、その他のお金のかかること、子供、老後資金のバランス

とか、何をとるかで全く異なってくる。

先人たちはよく決めれたな、、とつくづく思う。

両親すごいな、、と。

個人的には家は中古でよくて、養育費、教育費、レジャー費にお金を使って、子供にプラスになるような経験をさせてあげたいし、やりたがることはなんでもやらせてあげたい。限界はあるだろうが、、

その場合、家のことで文句を言われることもあるけど、信念をもって、将来的にはプラスだったと言ってもらえるよう頑張るしかない。

家に住むのはたかだか20年てとこだし、未来永劫役に立つであろう経験や考え方をはぐくむほうが大事ではないかなと思う。実際、今は築30年くらいのリノベーションマンションに賃貸で住んでいるけど何不自由してない。本当になにもない。中古でもいいよね。

ただし、都内はあほみたいに高い。中古でもあほみたいに高い。サラリーマンの平均年収に対してありえないくらい高い。格差社会を思い知る感じ。それでもぼんぼんと新しいマンションや住宅が建造されていく。住宅バブルじゃないのかな。少子化も進んでいるのに。需要と供給と世の情勢が一致しているようにはとても思えない。背伸びして、あほ高い家を買うからみんなお金なくなって不景気だ不景気だ言っているのではないかと勘ぐってしまうくらい。

例えば、住宅の業界にお金が集まりすぎて世の中が不景気になっているのではないかと疑ってしまう。世界の富が一極に集中しているように。

とりあえず、徐々に勉強していって確からしいとこで購入を決めるしかないかな

仕事へのもやもや

仕事へのもやもやを発散する。

 

私の会社では平社員は三六協定の範囲内であれば残業代は働いた分だけもらうことができます。特に上司の圧力等もないので、特に残業代をつけることに問題はありません。

アウトプットの質も関係なく、仕事ができようができまいが残業した分だけもらえます。仕事が遅い人のほうが給与が高くなるでしょう。ボーナスも平社員(入社から5年間)は一律で加算も減算もありません。護送船団です。新入社員として、入社するから当然なのでしょうか。日本以外の国では、新入社員というくくりはないみたいで、必要な空きがでたら適任者を雇うような感じらしい。アメリカでは、大学では教養を学ぶその後に職業の技能を身に付けるためにロースクールに通うらしい。きっと給与も一律ではないのでしょう。このあたりも日本の残業時間の多さや生産性の低さに拍車をかけていそう。みんな同じではモチベーション上がらないし、仕事遅い人のほうが給与を高く受け取れるって・・・仕事が早く終わったらその分将来の投資に時間を活用できて将来的な給与は高くなるのかもしれないけど、その時点でのモチベーションは決してあがらないのではないかな。私だけでしょうか。自分が仕事ができるとか、早いとかいうわけでは決してありません。むしろ遅いほうだと思います。ケアレスも多いし、それは置いておいて。もっと別の形での報酬を設けることでモチベーション上がって、活発な会社になりそう。例えば、作業の抜本的な部分も見直すきっかけになったり、新しい風が吹くと思う。自分の仕事内容に関しては、やりがいのあるものだとは思うけど、ある程度こなせるようになってくると、定型の域を出ない感があって、新しい何かがない。ましてや公共事業に絡むのですごくお堅くて、新しい刺激も生まれにくい。その設計を行う地域による特性の違いから仕事の中身は異なってくるけど、もっと本質的な部分での変化は特になくて、結果的に同じ流れを繰り返すだけのような感じになってしまう。自分の仕事のとらえ方がいまいちなのかもしれないけど。あとは、公共事業は受注できれば、ほぼ間違いなくそのお金をいただけるので、物を売り買いしたり、製造したりするような会社と違って、そんなに多くの人が絡むような仕事でもないので、会社の規模と業務内容の違いはあまり生まれてこない。会社の規模による仕事の受注への影響は微々たるものだと思うからです。そういう絡みの少なさから定型に陥りやすいのかもしれない。

1000文字/12分

ダーウィンが来たをみてて

名前を忘れてしまったけどある魚の一生を特集している放送だった。

その魚は岩場の陰にたくさんの卵を植え付けて、子供たちが生まれてくるのを待つ。

これに至るまでにかなりの努力があるわけですが割愛。

たまごを敵から守ろうとするわけですが、撃退できないような敵がきてしまった。

それは巨大なタコでとうてい彼らだけでは太刀打ちできない。

夫はすぐさまたまごをのこして逃げ出してしまった。

少し残念に思い見ていたら意外にも夫は引き返してきて果敢にもタコに攻撃を試みる。

しかし、なすすべもなく食べられてしまった。

食物連鎖の厳しさを目の当たりにしたが、次に予想外のことが起こった。

タコをおなかがいっぱいになったのか、たまごを食べることなく去っていったのだ。

夫がここまで考えていたとは考えにくいけど、夫の勇気が結果的に子供たちを救うことになった。

父親の鏡だなと思いつつある考えが浮かんできた。

ある人たちは、ある特定の動物を保護しようとしてるけど、それが知能が高いとからそんなのはそいつらのエゴで、ただの自己満足だなと改めて思った。

知能は格段に低いかもしれないけど、彼は勇気を出して子を守ろうとし、種を保存しようと命を賭して戦った。とても尊く、かっこいいと思った。自分もこんな父でありたいとすら少し思った。この魚だけでなく、どの動植物もみんな命がけで子を守ろうと、種を保存しようと日々戦っているのだと思う。そんなことも知らずに考えずに知能だけで判断し、この動物は保護するとか言っている人たちは神にでもなったつもりなのだろうか。

いつもnewsをみてて、こいつらは何をやっているんだろうと漠然と思ってたけど、この番組をみていてその具体な理由が浮かびあがらせてくれた魚でした。

名前忘れてごめん。

仕事に集中できない日

数か月に一度くらいの頻度で、仕事に全然集中できない日がある。

その日の夜に振り返ると悲惨なくらい生産性が低かったと感じ、残念で、みじめで、情けない気持ちになる。

原因とその傾向を考えてみる。

・雑談の度が過ぎている。

→因果か相関か・・・

・仕事しながら別のことを考えている

→集中力がない、メリハリがない。そんな時は思い切って散歩とかにいくべしかな

・目の前の作業に集中できていない

→ほかの作業のことや仕事以外のことを考えている。生産性の高い日は目の前の作業に集中していて、次の作業に移るのもスムーズ

・体調?

→そんなに悪くなかったし、睡眠不足や食べすぎもなかったはず

・作業を具体化しきれていなかった、作業の優先順位をうまくつけれていなかった

→作業を具体化していれば機械的に作業ができるから生産性上がるだろうし、優先順位がついていれば機械的に高いものからやっていけばよい

 

以上を踏まえると、作業着手前の段階で結果は決まっていたと思われる。

事前に作業の具体化と優先順位をつけることを今後は徹底していきたい。

 

 

12分で444文字

38文字/m

ネガティブな夜

28歳になった今でも突拍子もなくネガティブな気持ちになり、あれこれ考えることがある。将来のこと、仕事のこと、家族のこと、自分のこと、仕事のことなど、多岐にわたるけど、思考はぐるぐると堂々巡りするだけでプラスどころかただの時間の無駄に終わることがほとんど。この気持ち、勘定へのうまい対処方法はいまだにわからない。ただすべきことは、すべて吐き出してゆっくりと見返し整理してみること。アウトプットすれば単に頭で考えている時よりも繰り返しが減るし、このようにブログに書けばかしかできて頭を整理できる。

 まず、ネガティブになった理由を考えてみると、今読んでいる本、ナイキの創業者のフィルナイトの自伝のせいかもしれない。彼は学生時代はアスリートであり、仕事もスポーツのように熱くなれて、打ち込めるようなものがいいと考えていて、当時の既存の仕事にはそれがなかったらしい。だから、自らビジネスを始めることにした。この仕事に対しても熱くなれて、打ち込めるものというのは自分も求めているものであり、多くの人もそうなのかもしれない。それでも、それのためにすべてをささげることのできる人はあまりいないのだろう。自分もその1人で、彼をうらやましくも妬ましく思う。そして、自分の現状を考えるに至った。そこで彼との違い、自分の理想や現実を考えて、ネガティブになったのかなと思う。

 収入は平均よりちょっと上くらい、仕事もそれなりに社会的に意義があるものだと自負できる、一児の父であり、それなり家庭は順風満風。たぶん、自分が自殺や罪を犯したら親族や友人はそんなことするような人ではないと言うと思う。ちょっと脱線するけど、このようなセリフをよくニュースで聞くけど、実際になにかをしでかしてしまった人の心情や感情なんて他人にはわからないのではないかと思う。そうでない人に関してもかな。わかってるつもりになってるだけで、ほんとのところを理解しようなんて無理なんじゃないかなと思う。こういう考えがあるからアドラー心理学がしっくり来ているのかもしれない(個人を考えて、他人は他人であり、コミュニティの中でルールをまもっていればおkというスタンス)。そんなこんなで他人からはみえないであろう、自分の弱い部分をなんとか克服、改善したいとは思っているけど難しい。不安や恐れが日々募っていって今日みたいな夜が来るのかな。

 先のナイキ創業者の自伝からネガティブになり思うことは、自分は人生で何がやりたいのかなというとこ。これはずっと考えていることだけど。現在は2社目で諸事情により、お金を優先し、はいれる確率の高いとこで就職、最初の会社はおもしろそうだったから(実際に仕事の内容というか、中身はそれなりに面白かったけど、組織がくそだった、尊敬できるような人はほとんだいなかった。部長が携帯でゲームやっているような会社で、社会は平等でなく、それには理由があるということを身をもって知った気がする)。大きなテーマとしては、人の役に立ちたい、自由に働ける、家族との時間を多く持てること。今の仕事はそれなりだけど、自由に働けるという点はあまり満足できない。内容が固いし、保守的である。官公庁の仕事だから仕方ないかもしれないけど、こういう固さが生産性の向上、引いては国の成長を止めているような気がする。その反面、保守的なやり方は安全、安心という面ではいいのかもしれない。自分らの立場を守るのにも。先の大きなテーマプラス、熱くなれる仕事。現状で考えられるものとしては、FPやIT関連かな。これまでのキャリアから考慮しても。

 なんにしても今は全力で自分の成長を信じて精進するしかないかな。とりあえずネガティブタイムは終了。

 

湘南国際マラソン2017(初マラソン

今年の目標に掲げたサブスリーは達成できず!

下記に反省をまとめてみました。

 

☐フルマラソンを走って
①出場に際して
湘南国際マラソンは,エントリー時の目標タイムで整列の順番が決まる。
・列はA~Gまであって,若番が早くスタートできる。
・自分はDだった。申請した目標タイム忘れたけど,周辺にはおばさんやおじさんが多く遅い方みたいだった。
・ペースメーカーはサブ3.0,サブ3.2,サブ3.5,サブ4.0ごと位にいて,風船をつけて走ってた。自分のD列にはサブ4.0がいたかな
・スタートしてから10キロくらいまでは,前に出ていくのが困難だった。今回の自分の入ったD列はサブ4.0目指すくらいの人たちの集まりなので,キロ5分台でかなりノロノロだった。
・ということで,目標タイムは早めに設定しておいた方が走りやすいのは間違いない。走ってると若い番号付けた人で遅いのがかなりいたので虚偽の申請してスタート位置を前にしていたと思われる。
・スタート時間は9:00で整列開始は8:00。その1時間の間は立ち尽くすしかないので,寒い。対策として,100均一とかで売ってるカッパが防寒にすぐれている。スタート後にゴミ箱たくさんあるのですぐ捨てれる。
・給水が取るのが大変だった。特に混雑していたスタートから10キロくらいまで。
・トイレは5キロおきくらいにあって,ロスタイムは2分くらいだった
・気温10°ちょい,天気は雲一つない晴天。半袖半ズボンでちょうどよかった
・補給色は,アミノバイタルのゼリー飲料3つを走りながら補給した。おかげでガス欠はなかった。
・32キロ過ぎてから,両足の裏が痛すぎて急速にペースダウン。キロ4分チョイから,キロ6分程度。靴があって無かったのかもしれないし,筋力が足りていなかったのもしれない
・息切れはなかったし,あせもそんなにかかなかった

②感想
・サブ3.0達成できず悔しかったけど,きつすぎて,次回やってやろうという感情が湧いてきてないのが正直なとこ
・次回参加するなら,トイレと靴,長い距離の走り込みを意識していきたい

10分間チャレンジ⑪ 2016年度の仕事終了

何はともあれ

2016年度の仕事が完了した、少々の残務はあるけどやってきた仕事量を考えれば屁みたいなものでしょう

今年度もなかなっきつかった

ラストの2週間は早朝のタクシー帰りで運転手さんに愚痴をぶちまける始末

からのあかんぼへのミルクあげ。これに関しては元気をもらっていたけども

睡眠時間が少ないと頭が全く働かなくなってしまう時間がどうしてもある。

これに関しては散歩して、顔洗ってと気分を一新することでまだどうにかなってた。

体力面は、なんだか徹夜に慣れてきてしまって逆に覚醒してしまう時間があるくらいだったし、体調を大きくくずこともなかった

ただメンタル的に家庭に対しての申し訳なさと仕事ばかりしている自分に虚しさを感じてしまう瞬間が少なからずあった。そんなことをおちおちと考えていられるような状況でもなかったけど。

 

眠いのでこれまで

5分で400文字弱