ネガティブな夜

28歳になった今でも突拍子もなくネガティブな気持ちになり、あれこれ考えることがある。将来のこと、仕事のこと、家族のこと、自分のこと、仕事のことなど、多岐にわたるけど、思考はぐるぐると堂々巡りするだけでプラスどころかただの時間の無駄に終わることがほとんど。この気持ち、勘定へのうまい対処方法はいまだにわからない。ただすべきことは、すべて吐き出してゆっくりと見返し整理してみること。アウトプットすれば単に頭で考えている時よりも繰り返しが減るし、このようにブログに書けばかしかできて頭を整理できる。

 まず、ネガティブになった理由を考えてみると、今読んでいる本、ナイキの創業者のフィルナイトの自伝のせいかもしれない。彼は学生時代はアスリートであり、仕事もスポーツのように熱くなれて、打ち込めるようなものがいいと考えていて、当時の既存の仕事にはそれがなかったらしい。だから、自らビジネスを始めることにした。この仕事に対しても熱くなれて、打ち込めるものというのは自分も求めているものであり、多くの人もそうなのかもしれない。それでも、それのためにすべてをささげることのできる人はあまりいないのだろう。自分もその1人で、彼をうらやましくも妬ましく思う。そして、自分の現状を考えるに至った。そこで彼との違い、自分の理想や現実を考えて、ネガティブになったのかなと思う。

 収入は平均よりちょっと上くらい、仕事もそれなりに社会的に意義があるものだと自負できる、一児の父であり、それなり家庭は順風満風。たぶん、自分が自殺や罪を犯したら親族や友人はそんなことするような人ではないと言うと思う。ちょっと脱線するけど、このようなセリフをよくニュースで聞くけど、実際になにかをしでかしてしまった人の心情や感情なんて他人にはわからないのではないかと思う。そうでない人に関してもかな。わかってるつもりになってるだけで、ほんとのところを理解しようなんて無理なんじゃないかなと思う。こういう考えがあるからアドラー心理学がしっくり来ているのかもしれない(個人を考えて、他人は他人であり、コミュニティの中でルールをまもっていればおkというスタンス)。そんなこんなで他人からはみえないであろう、自分の弱い部分をなんとか克服、改善したいとは思っているけど難しい。不安や恐れが日々募っていって今日みたいな夜が来るのかな。

 先のナイキ創業者の自伝からネガティブになり思うことは、自分は人生で何がやりたいのかなというとこ。これはずっと考えていることだけど。現在は2社目で諸事情により、お金を優先し、はいれる確率の高いとこで就職、最初の会社はおもしろそうだったから(実際に仕事の内容というか、中身はそれなりに面白かったけど、組織がくそだった、尊敬できるような人はほとんだいなかった。部長が携帯でゲームやっているような会社で、社会は平等でなく、それには理由があるということを身をもって知った気がする)。大きなテーマとしては、人の役に立ちたい、自由に働ける、家族との時間を多く持てること。今の仕事はそれなりだけど、自由に働けるという点はあまり満足できない。内容が固いし、保守的である。官公庁の仕事だから仕方ないかもしれないけど、こういう固さが生産性の向上、引いては国の成長を止めているような気がする。その反面、保守的なやり方は安全、安心という面ではいいのかもしれない。自分らの立場を守るのにも。先の大きなテーマプラス、熱くなれる仕事。現状で考えられるものとしては、FPやIT関連かな。これまでのキャリアから考慮しても。

 なんにしても今は全力で自分の成長を信じて精進するしかないかな。とりあえずネガティブタイムは終了。

 

湘南国際マラソン2017(初マラソン

今年の目標に掲げたサブスリーは達成できず!

下記に反省をまとめてみました。

 

☐フルマラソンを走って
①出場に際して
湘南国際マラソンは,エントリー時の目標タイムで整列の順番が決まる。
・列はA~Gまであって,若番が早くスタートできる。
・自分はDだった。申請した目標タイム忘れたけど,周辺にはおばさんやおじさんが多く遅い方みたいだった。
・ペースメーカーはサブ3.0,サブ3.2,サブ3.5,サブ4.0ごと位にいて,風船をつけて走ってた。自分のD列にはサブ4.0がいたかな
・スタートしてから10キロくらいまでは,前に出ていくのが困難だった。今回の自分の入ったD列はサブ4.0目指すくらいの人たちの集まりなので,キロ5分台でかなりノロノロだった。
・ということで,目標タイムは早めに設定しておいた方が走りやすいのは間違いない。走ってると若い番号付けた人で遅いのがかなりいたので虚偽の申請してスタート位置を前にしていたと思われる。
・スタート時間は9:00で整列開始は8:00。その1時間の間は立ち尽くすしかないので,寒い。対策として,100均一とかで売ってるカッパが防寒にすぐれている。スタート後にゴミ箱たくさんあるのですぐ捨てれる。
・給水が取るのが大変だった。特に混雑していたスタートから10キロくらいまで。
・トイレは5キロおきくらいにあって,ロスタイムは2分くらいだった
・気温10°ちょい,天気は雲一つない晴天。半袖半ズボンでちょうどよかった
・補給色は,アミノバイタルのゼリー飲料3つを走りながら補給した。おかげでガス欠はなかった。
・32キロ過ぎてから,両足の裏が痛すぎて急速にペースダウン。キロ4分チョイから,キロ6分程度。靴があって無かったのかもしれないし,筋力が足りていなかったのもしれない
・息切れはなかったし,あせもそんなにかかなかった

②感想
・サブ3.0達成できず悔しかったけど,きつすぎて,次回やってやろうという感情が湧いてきてないのが正直なとこ
・次回参加するなら,トイレと靴,長い距離の走り込みを意識していきたい

10分間チャレンジ⑪ 2016年度の仕事終了

何はともあれ

2016年度の仕事が完了した、少々の残務はあるけどやってきた仕事量を考えれば屁みたいなものでしょう

今年度もなかなっきつかった

ラストの2週間は早朝のタクシー帰りで運転手さんに愚痴をぶちまける始末

からのあかんぼへのミルクあげ。これに関しては元気をもらっていたけども

睡眠時間が少ないと頭が全く働かなくなってしまう時間がどうしてもある。

これに関しては散歩して、顔洗ってと気分を一新することでまだどうにかなってた。

体力面は、なんだか徹夜に慣れてきてしまって逆に覚醒してしまう時間があるくらいだったし、体調を大きくくずこともなかった

ただメンタル的に家庭に対しての申し訳なさと仕事ばかりしている自分に虚しさを感じてしまう瞬間が少なからずあった。そんなことをおちおちと考えていられるような状況でもなかったけど。

 

眠いのでこれまで

5分で400文字弱

10分間チャレンジ⑩ 父について

父の日なので、自分の父について。

社会人になってから父のすごさがわかってきた。

自分だけでなく世の中の父親

一児の父として、サラリーマンとして働きお金を稼いで家族を養うことの大変さ。

年を重ねるごとに父のすごさ、ありがたみを感じるようになってきている。

学生のころは、電車で座っていてとなりのおじさんが寝ながら寄りかかってきたらはじきとばしていたけど、今では優しく押し返すようにしてる。もしくは肩ぐらい貸してあげる。

 自分の父は自営業で今年で64歳くらいになるけどまだ働いている。昔から朝から晩まで働いている。室内での作業とはいえ、細かい作業だから目が疲れてしょうがないだろう。家から会社までは車で1時間弱。朝も夜も大して渋滞はしないからそこまでストレスにはならないだろうけど、肉体的には疲れるだろう。

 そんな中で妻と子供2人を路頭に迷わすことなく、養い、子を成人させてくれたのは本当にすごいことだと思う。休みは週一、家族からは汚いだのなんだの言われ、物持ちがいい方だったので、それをゴミ呼ばわりされたり、勝手に捨てられたり、自分の部屋もないし、自身の時間もほんとになかったと思う。それは今でもかな。車出して、とかいいように使われても文句も言わず笑顔でなんでもやってくれた。父自身もやりたいことがたくさんあっただろうが、家族のことを最優先にいつなんどきでも考えるタイプだった。出かける際には忘れ物ない?とかいつも聞いていた。うっせーなとか言われても。たまに忘れてて感謝することもあったが、そのほとんどを煙たがっていたと思う。でも父は俺のためと思って言い続けてくれていたんだろう。ほんとに信じられない。どれだけの自分のことを我慢して接してくれていたんだろう。なんであんなに笑顔でいられたんだろう。仕事をやめたい、逃げ出したい、自由になりたいと思ったり、考えたりしたことはなかったんだろうか。世の中的にみたらそこまで収入が多い方でないし、一等地に住んでいるわけでもない、商売もめちゃくちゃ繁盛しているとも言い難いし、ほかの人からみたらただのおじさんでしかないと思う。でも子である自分からしたら、今、家庭を支える身になって改めて思う、ほんとに父は偉大な人だなって。こんな言葉が出る日が来るなんて夢にも思わなかったけど、心の底から思うようになった。きっと多くの普通のおっさんは、偉大なおっさんなんだろうなと思う。

おれもそんなおっさんになれるように頑張らないと。

 

15分で1000もじくらい

 

10分間チャレンジ⑨ 現状

 近頃、自分の時間をあまりもてていない。関係ないけど、ミスタイプが多すぎる。注意すること。話戻って、自分の時間が持てていない原因としては、仕事が忙しめ、帰れるなら早めに家に帰って、赤ちゃんを風呂にいれる。今の生活の流れはこんな感じ。土日は仕事でなければ家族サービスが基本で。自分の時間はトイレと早朝のジムくらいだろうか。あと、みなが寝付いた今。

 どう変えていくべきだろうか。

まず一つ考えているのは、朝早めに会社に行って仕事を早めに切り上げる。自分はどちらかというと朝のが調子がいい気がする。あまりに残業が続くと、生活リズムが崩れて、夜型になってしまう気はするけども。朝早めに出発して、喫茶店とかで勉強してから会社に行くとかしたい。現状、朝あかんぼにミルクを上げているので厳しい。妻は起きないし。疲れているから仕方ないとは思うけど。ということで、朝勉強するなら、家の中ということになるかな。現実路線。

通勤時間をもっと有効に使いたいけど、あほみたいにこんでるし、みんな不機嫌だし。居心地悪いし。好きな音楽を聴いて無になっていたい時間帯。

一人の時間と言ったら、昼休みがいいのかもしれない。昼寝しないと午後持たないけど。45分は有効に使えるはず。勉強の計画をたてたい。将来につなげるための。

今の会社で終わりたくないというのが正直なところ。保守的で、後回しで、堅苦しくて、頭でっかちで・・・あまりいいところはないかな。ただし、仕事の規模はでかいし、社会的に責任ある仕事だと思うから、プライドはもってやるべきだとは思う。どんな仕事でもそうかな。体育会系で育ってきて思うところとしてはなんだかんだ努力したら帰ってくるということ。現状に対しての不満はたくさんあるけど、将来につながると信じて、目の前の仕事を責任とプライドを持ってやっていかなければと思っている。それが将来の素敵な仕事につながるはず。自分は大器晩成型だと信じている。

 関係ないけど、なぜ転職したいかということについてちょいと補足する。

まず上の人の考え、人員構成がどう考えてもおかしい。若いのが多すぎるし、中堅が少ない(暗黒時代にかなりやめた、上司が厳しくてやめた)。アルバイトが多すぎる。

正直、どう優しい目で見てもうまくまわっていないと思う。規模の大きい仕事で大変なのはわかるけど、それを差し引いてもひどいと思う。彼らは何十年もこの仕事をやってきているのに積み重なってきているものが少なくないかな。その場しのぎで仕事をこなしてきました感がすごい。それでいて文句言ってるからしょうもないと思う。そういう人たちだからこそ今の現状だとは思うけども。ただ彼らの特筆すべき点は、非常にやれない理由ややらない理由を述べるのがうまいということだろう。みっともないけど。かなり上手。きっと四六時中そんなこと考えているのでしょう。それで自分を保っているのだろうな。個人的意見だけど。

夢中になっていたら10分図り忘れていた。 とりあえず愚痴で1200文字

 

 

10分間チャレンジ⑧ マラソンについて

12月フルマラソン初挑戦を控え、無謀と思えるサブスリーの達成に向けて日々走っているところではあるが。

 

先日、仕事が遅くなってしまったこともあり、終電を逃してしまった。

会社のお金でタクシーを使う選択肢もあったが、何を思ったか家まで走って帰ろうと!と思い立ったのが深夜2時のこと。

現在、朝は電車で通勤、帰りは少し離れた駅で降りてリュックに入れてあるランニングアイテムに着替えて走って帰宅している。そのため、ランニングできる格好はあった。

とはいえ、ワーキングハイてきな感じで走ろうと思い立つなんて頭がおかしかったとおもう。距離にして20km。コース的には大通りを一本走っていけばいいとこまでいけるので問題はない。テンションが上がっているのでいけるかなと思っていたけど、やはりそんなにはあまくなかった。10km過ぎたあたりで体に力が入らなくなってきてしまった。とにかく眠かった。仕事はデスクワークなので、肉艇的な疲労が蓄積することはないけど、なんだかんだ集中していると疲れる。頭と目が疲れる。

そんなこんなで30分くらい歩いた。もちろん平日の深夜に走っていることに後悔しながら。明日、というか今日仕事やだなと思いながら走っていた。その後はなんとか走り切りなんだかんだ2時間くらいかかっただろうか。

と、馬鹿な行動を反省するためだけにぶろぐを書いているわけではなく。

今回、なんだかんだマラソンに関して重要な情報を実体験から得られた気がしたので書いてる。

それは、コンディションの整え方について。

まず、今回深夜に爆走していていくつか気が付いた点がある。

それは、

①筋肉に力が入らなくなる現象

②6時間くらい前に食べたはずの食べ物が逆流してくる感じ

③少し歩いていたらまた走れたこと(そうとうきつくて歩いていたはずなのに

④走り方について

⑤きついときの走り方(頭の使い方

と、ざっとあげてこのくらい気が付いたことがあった。

上から順番に整理していこうと思う。

 

①筋肉に力が入らない現象

これについては昔からサッカーをしていたせいもあり、何度も体験している。

脱水、寝不足、空腹。

このあたりだと思われる。

マラソン大会当日は、給水所があり、バナナとかチョコとかもあるらしいので長距離を走るうえではプロでもない限り必要なのだろう。でも脇腹いたくならないのかなとか、っ疑問はあるので後日しらべることとする。

10分で950文字くらい

(もう少し書きたいので下記に続行)

 

②食べ物の逆流について

信じられなかった。6時間くらい前には食べたはずなのに。

逆流してきました。途中で走れなくなったのはそのせいもあったかもしれない。

走りながら逆流してくる感じは想像以上にきついのです。

マラソン大会当日のスタート時間は9時、前日何時までに食べればいいのだろう。

というか朝食はどうすべきなのだろう。そもそも給水所のバナナとか食べて平気なのか?疑問は尽きない。

 

 

10分間チャレンジ⑦ 仕事のこと

仕事のこと。

 

現在、28歳。

社会人5年目?会社としては2社目で。間に4か月くらいニート(すごく楽しかった

 

給料としては、世の中の平均年収にくらべてだいぶもらえている方だとは思う。

しかし、時給換算したときにどうなっていることやら。

最低賃金を下回っているのではないかと思ってしまうくらい働いている気がする。

ちゃんと算出したことはないけど。

 

職場の状況からいうと、中堅と呼ばれる世代がほぼ皆無20人くらいの部署で1、2人というとこか。そのほかはおっさんか若いの。

いまいちチームとしてうまく回っていない感が強いし、人が成長していくにはなかなk厳しい環境な気はする。上の人の頭が凝り固まっていて、目の前の業務に必死になりすぎるあまり、下の成長を促すようなことにまったくといっていいほどなっていないのではないかな。そっちに重点をおけば、若いのが成長して自分らも楽になると思うんだけど。頭凝り固まっている人たちなのでいっぱつかましてやらないとだめなのでしょう。

 

この仕事、業界は残業当たり前、仕方がない、やるしかない。

そもそもやる、やらないの選択肢の持ち方がへたくそで。

とにかくやる。時間なんて青天井でやる。どういう感覚なんでしょうか。

おそらくプライベートでやりたいことがないのでしょう。

仕事に対して、ぐちぐち言ってるので仕事が大好きというわけではなさそう、少なくともね。

 

ただ、職場の環境、うるさいお客様を除けば、それなりおもしろい分野の仕事だと思っている。学ぶことはたくさんあるし、技術もどんどん進歩していくので一生学び続けるのでしょう。その中で、技術の進歩に追随していけるようなバランス感覚や、ものの見方を技術者としてやしなっていきたいという思いはある。

 

一番は、仕事の効率をあげて毎日定時で変えることだけども。

とりあえず30さいまでは 死に物狂いでとりかかってみることに決めている。

ただし、転職の準備もしつつ、それは教養にもなるようなことだったらいいかな。

人生のプラスになるような学びになりつつも転職にも生かせる!そんなのがいいかな。

 

30歳になったときにこの仕事をつづけるか、別の業界にいくかはわからないし、かんがえないけども、30歳まで死ぬ気で頑張ったなにかはきっと次につながるでしょう。つぎに何をしたいかわからないけども。ラーメン屋とかしたいな

 

10分で900文字くらい