10分間チャレンジ④ 仕事

橋について

 

橋のコンサルタントとして、働きだしてはや2年。

大学で土木を勉強していたとはいえ、ほんとうは環境系の勉強したくて入ったのでそんなに身に入らず、ほとんど覚えてない。

そんな中で2社目に入社した先が、土木関係、そして主に橋に関する設計を行うコンサルタント会社だった。

 

入社の経緯としては、諸事情によりお金が必要だっため、転職コンサルに厳しくてもいいので給料のいい会社で探してほしいというところがスタートだった。

たしか、土木系や営業とかが候補に挙がった気がする。

土木に関しては対して人気がないくせに官公庁から元請けで働けるパターンもあり、会社規模がそこまで大きくなくても給料はなかなかもらえるとのことだった気がする。

実際そんなように思える。厳しいけど、給料はいい。

しかし、会社の先輩、上司はまじめで頭はいいとは思うけど、あまり楽しそうに仕事をしていない。そして、プライベートはあるんですか?というくらいに働きまくっている。楽しい仕事ならいくらでもがんばることはできるとは思う。でも彼らは全くそうは見えないし、どういったモチベーションで働いているんだろうか。それは役職や仕事への責任が増していく中で仕事しかみえなくなってしまうからなのか、人生に仕事しかないだけなのか、自分にはよくわからないけど、彼らのようにならないようには注意していきたいと常日頃から考えている。

 

長くなってしまったけど、なんとなく橋について考えてみようかと思う。

橋はそもそもなんなのか、この仕事につくまで全く考えたこともなかったけど。

二つの空間をつなぐもの、生活を円滑にするもの、などだろうか。

地方へのアクセス、地方から都心へのアクセスを簡単にするには道路や鉄道が考えられるけど、そのさいには必ずと言っていいほど、障害物がある。たとえば、谷、川、道路、などなどそんな分離された空間を結ぶことができるのが橋といえるのかなと思っている。

なので社会の活性化や災害時の物資などなどの輸送路としても活用されるため、なかなか重要度の高い構造物なのかもしれない。

あるときは町のシンボル、モニュメントにもなるだろうし、レインボーブリッジのように唯一無二のものになることも考えられ。

 

10分で900字くらい

誤字脱字、変換ミスが多すぎるので次回は注意すること。

10分間チャレンジ③ やりたいこと

自分のやりたいこと

 

現在27歳、既婚、一児の父。

 

自分の本当にやりたいことはなんだろうか。

今の会社は2社目でそこそこ給料もいい会社に転がり込むことができた。

給料がいいだけあって、仕事の規模も少々大きめであり、社会的な責任や役割も大きいように思う。

このまま順調にいけばかなりのお金と大きな仕事を大きな裁量をもってこなしていけるようになるとは思う。

 

客観的にみるとそこそこいい条件、環境で働くことができているのかもしれない。

家族もいるし、今後子供が成長していく中で、子供がやりたいことをやらせてあげたいと考えているし、そこそこお金も必要になってくることでしょう。

 

そんなこんなを考えると今の会社ないしは業界で頑張るのが一番賢明なように思う。

実際そうすべきだと思うし、周りからもそういうふうに思われていることでしょう。

 

ただ、たまにふと思うことがある。

ほんとに自分がやりたいことはなんだったのだろうか。

小学生の頃は、サッカー選手や寿司屋。

年を取るにつれて考えも変わってきて、大学に入ったころには環境問題に取り組んでいきたいと考えていた(はやりだったかも)。

そんなこんなこんなで環境系の会社に順調に内定をもらったが、何を思ったか、内定式の当日に辞退してしまった。

これが自分の人生をまさに物語っていて、ドタキャンというか、直前で思い立つことが多い。そして行動してしまう。なぜもっと事前に深く考えたうえで早めに行動できないのかと思うことがある。でもなかなか治らない。ある種これでいいと思ってしまっている部分もあるのかもしれない。話が脱線してしまったけど、結局最初に入社した会社は、お門違いな業界。何がやりたいというわけでもなく。雰囲気で入ってしまった感は強い。わりかし当たらしめな会社で組織としてはポンコツで新入社員に仕事を任せちゃうようなだめだめな感じだった。そんな周りから見るとだめだめな会社だけど当事者からすると意外と得るものが多かったかなと思う部分もある。たくさんお客さんに怒られたけど、たくさん学ばせてもらったかなと思う。辞めるときは、笑顔で報告もできたし。いいのか悪いのかわからんけど。

 

10分で888文字

 

10分間チャレンジ② 仕事

仕事について。

 

 自分はコンサルタントとして、2年前から働きだした。会社としては2社目で、前職は畑違いな感じ。なぜ入れたかと考えると大学時代にこの分野について勉強していからとタイミングが単によかったのだろう。

 

 仕事の内容としては、社会的にとても意義のあるものだと思っている。仕事に対して順位をつけたりするのはよくないとは思うけど、人の生活や時には命にもかかわってくる仕事なので重要度としては高いのではないかと思う。また、技術の進歩とともに発展していく分野でもあり、この業界、仕事についている限りは一生勉強にしていくことになるだろう。

 

 人によっては、単純作業が良かったり、頭を使う方がいい、身体を動かしたいなどいろんな考えがあるとは思うけど、体育会系であるにもかかわらず、頭を使って働く方が好きみたいだ。頭を使って、身体を動かす仕事があれば最高だとは思うけど、そこまで贅沢は言ってられないかな。

 

 仕事の内容に関してはとても意義深いものであると述べたけど、不満ある。それはすごく杓子定規でやり方論について、すごく保守的な業界な部分で、今の時代を考えると無駄が多すぎるように思える。上で述べたようにミスが命取りになると言えなくもないので、慎重にやるべきなのはわかるけど、作業を煩雑にし、ミスを誘発してしまっているようにも思える。時代に乗り遅れている感はある。

 

 これから日本が、働き手が減っていく中で改革も是が非でも必要であると思うし、業界からの人材の流出を避ける意味でも変革の時ではないかと個人的には思っている。忙しい中でそんなことやってる場合ではないとか意味がないと考える人もいるかもしれないけど。現状に不満があるならば行動していくべじゃないかなと、立場が上の人にいうのはまだ難しく思えてしまうけど、自分の考えが成熟して、勝てると思ったら爆弾を投下したいなと切に思っている。

 会社の中はというと年齢若手とわ

 

10分で800文字

10分間チャレンジ① 趣味

英語について。

 

 自分は漠然と英語がしゃべれるようになりたいと考えるようになり、これまでに断続的に勉強を繰り返してきたがTOEIC630点が限界で、片言でしかしゃべることもままならない。ビジネス会話など到底不可能。

 よくよく考えると、しゃべれるようになりたいと思ったきっかけは、外人と触れ合う機会が増えたことや海外旅行に行ったことが大きかったのかもしれない。

 はたまた海外で働いたり住んだりしてみたいなと妄想くらいはしたことがあったかもしれない。サッカー観戦が好きなので、特に海外。ヨーロッパのリーグ戦をシーズンを通して好きなチームを応援することができたら楽しいだろうなと。日本のスポーツバーでみていてあれだけ興奮し、楽しむことができるのだから、本場のサッカーを生でみれたらはなじを出して卒倒するかもしれない。

 こんな文章を書きだしたのはまたまた英語の勉強を開始したからであり、今回はなんとなく勉強の仕方とモチベーションが異なるから。そしてこれまでを反省し、何が問題だったのか考えたうえでせっかくなので何不自由なく英会話ができて好きな洋楽を熱唱できるようになりたいなという願望を達成するための頭の整理。

 ●今回の勉強の仕方

 ➡とにかく多読。興味のある分野のペーパーバックを読み漁って英語に慣れる、楽しむ、アレルギーをなくす。感覚的に英語をつかんでいきたいと思っている。ある英語の参考書をもとに今回の勉強の方針を決めたけど。勉強というか興味のあるものを読書しているだけなので素直に楽しいし、継続していけそう。ちなみに今読んでいるのはsteve jobsについて書かれた伝記みたいなやつ文章のレベルは中学英語くらいでいけるきがする。すらすら読めるし、内容も楽しい。ただ一つ問題としては価格が高いか。1冊700円ほど(amazo●)する。

 

10分で800文字弱

社会人として

 現在自分は社会人として6年目をいつのまにか迎えていた(うち4か月のニート期間を含み、現在の会社が2社目)

 

これまでの社会人としての経験から学んだことなどを

自分の頭の整理も含め下記にまとめてみようと思う

 

●身につけたこと

・自分で考えることの重要性

 そんなこと当たり前だと思っていたけど、中には何も考えることなく指示を待ち、与えられた仕事をただこなすだけの人が中にはいた。そういう人は現状維持が精いっぱいで次のステップに進むことはなく、人に使われるだけ。でも話をしてるとそういう方が好きという人もいるらしい。個人的には面倒くさがりなので、人からやれと言われるよりも、自分で考えて好きかってやる方がよっぽど気楽だし、効率的かなと思っている。機械的に作業をこなすだけだと、上司が素晴らしい人で完璧な指示をしてくれる場合を除いて、うまくいかない部分が必ず出てくると思う。例えば、上司が頭の中を整理しきれていなくてとりあえずで指示を出していた場合にそれをこなしもとりあえずのものしか成果として出来上がらない。自分で考えて作業するならば、的確な質問をし、手戻りを最小限にしつつ必要最低限な成果を作り上げることができると思う。

 結果的に自分で考えることで作業効率が上がって、時間が空くor別の作業をこなしていくことができ、自分の成長につなげていくことができると思う。

 また、自分で考えて理解したことは記憶に定着しやすいと思うので、何も考えずに作業をしている人と比べたら加速度的に成長していくことができる

 

この記事は限られた時間でどのくらい文章が書けるか試してみたものだけど、15分で700字くらいでした

今年の目標~フルマラソンへの挑戦~

 今年の目標の一つとして、フルマラソン完走をしたいと考えている

 

タイムの目安としては、サブ3(3時間切り)

 

この数字は、市民ランナーの上位3%らしい

 

マラソン関連の本を見ると、サブ3達成には長期的なハードトレーニングが必要であり、身体への負荷も大きいため、相当な覚悟と行動力が必要になると、どの本にも書かれている

 

サブ3とはどんなペースなのかというと、時速にして14キロ程度、ママチャリで少し早めに漕ぐくらいの感じだろうか

 

これまでサッカーをやっていて、体力づくりのためのランニングはこなしてきたけど、最長で走った距離は一度だけ参加したハーフマラソン

その際、ゴールした翌日に発覚したけど、足の指の付け根を疲労骨折していた

という散々な結果に終わっている

 

自分でもなぜフルマラソンに挑戦するのか、サブ3を達成したいのかはよくわからない部分はある

結婚して、子供ができサッカーから離れることが多くなり、熱くなることや仕事と家庭以外の目標が欲しいのかもしれない。あるいは友達になんとなく流されているのか

 

スタートの同機は不順だったかもしれないけど、限られた時間の中で試行錯誤して目標に向かって練習するのが意外と楽しくもある。そんなにマメな人間ではないと思っていたけど、マラソンがそれを変えてきてくれているのかもしれない

 

それはさておき自身への公約として、サブ3を達成できなかった際は坊主にして滝に打たれに行こうと思っている

 

滝に打たれるのは人生で一度はやってみたいと思ってるけど、社会人として、コンサルタントしてお客さんと直に触れ合う身としては坊主はあまりよろしくないかもしれない。スーツに坊主が懇切丁寧に説明したところで説得力に欠けるような気もするし、江連がいまいち想像できない

 

そんなとこをモチベーションに約8か月後のフルマラソンに向けて頑張っていきたい所存である

 

あげまんとさげまん

妻と結婚して、1年が経過した。

だいぶ前からあげまんとさげまんという言葉は聞いたことがあったけど、

付き合ってる当時は全く意識したことはなかった。

 

そんな中、最近になってこの言葉の意味するとこが自分なりになんとなくわかってきた。

家には赤ちゃんがいて、妻はすごくいい母親だと思う。

いつも、赤ん坊を第一に考え、行動してくれている。

ただ、いい妻かというとそうではないかもしれない。

 

私が仕事に集中できる環境をあまり作ってくれない。

自分の言動が私に対してどんな負担になるかとか、まったく考えていないと思われる。

別にそれについてとやかく言うつもりはないし(喧嘩になるだけかな)、

赤ん坊を第一でいいと思っているから。

 

ただ、あげまんと言われる人は、パートナーの気持ちを読み取り、

仕事などに集中しやすい環境を作ってくれる人のことなのかなと最近思う時がある。

 

この文章を書いていて思ったけど、自分の集中力がないのにも問題があると思われるので改善していこう。

結局、当事者の作った都合のいい言葉なのかな。

どうせメディアが自分たちの表現を装飾するために作った造語だろう。