社会人として

 現在自分は社会人として6年目をいつのまにか迎えていた(うち4か月のニート期間を含み、現在の会社が2社目)

 

これまでの社会人としての経験から学んだことなどを

自分の頭の整理も含め下記にまとめてみようと思う

 

●身につけたこと

・自分で考えることの重要性

 そんなこと当たり前だと思っていたけど、中には何も考えることなく指示を待ち、与えられた仕事をただこなすだけの人が中にはいた。そういう人は現状維持が精いっぱいで次のステップに進むことはなく、人に使われるだけ。でも話をしてるとそういう方が好きという人もいるらしい。個人的には面倒くさがりなので、人からやれと言われるよりも、自分で考えて好きかってやる方がよっぽど気楽だし、効率的かなと思っている。機械的に作業をこなすだけだと、上司が素晴らしい人で完璧な指示をしてくれる場合を除いて、うまくいかない部分が必ず出てくると思う。例えば、上司が頭の中を整理しきれていなくてとりあえずで指示を出していた場合にそれをこなしもとりあえずのものしか成果として出来上がらない。自分で考えて作業するならば、的確な質問をし、手戻りを最小限にしつつ必要最低限な成果を作り上げることができると思う。

 結果的に自分で考えることで作業効率が上がって、時間が空くor別の作業をこなしていくことができ、自分の成長につなげていくことができると思う。

 また、自分で考えて理解したことは記憶に定着しやすいと思うので、何も考えずに作業をしている人と比べたら加速度的に成長していくことができる

 

この記事は限られた時間でどのくらい文章が書けるか試してみたものだけど、15分で700字くらいでした