読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分間チャレンジ② 仕事

仕事について。

 

 自分はコンサルタントとして、2年前から働きだした。会社としては2社目で、前職は畑違いな感じ。なぜ入れたかと考えると大学時代にこの分野について勉強していからとタイミングが単によかったのだろう。

 

 仕事の内容としては、社会的にとても意義のあるものだと思っている。仕事に対して順位をつけたりするのはよくないとは思うけど、人の生活や時には命にもかかわってくる仕事なので重要度としては高いのではないかと思う。また、技術の進歩とともに発展していく分野でもあり、この業界、仕事についている限りは一生勉強にしていくことになるだろう。

 

 人によっては、単純作業が良かったり、頭を使う方がいい、身体を動かしたいなどいろんな考えがあるとは思うけど、体育会系であるにもかかわらず、頭を使って働く方が好きみたいだ。頭を使って、身体を動かす仕事があれば最高だとは思うけど、そこまで贅沢は言ってられないかな。

 

 仕事の内容に関してはとても意義深いものであると述べたけど、不満ある。それはすごく杓子定規でやり方論について、すごく保守的な業界な部分で、今の時代を考えると無駄が多すぎるように思える。上で述べたようにミスが命取りになると言えなくもないので、慎重にやるべきなのはわかるけど、作業を煩雑にし、ミスを誘発してしまっているようにも思える。時代に乗り遅れている感はある。

 

 これから日本が、働き手が減っていく中で改革も是が非でも必要であると思うし、業界からの人材の流出を避ける意味でも変革の時ではないかと個人的には思っている。忙しい中でそんなことやってる場合ではないとか意味がないと考える人もいるかもしれないけど。現状に不満があるならば行動していくべじゃないかなと、立場が上の人にいうのはまだ難しく思えてしまうけど、自分の考えが成熟して、勝てると思ったら爆弾を投下したいなと切に思っている。

 会社の中はというと年齢若手とわ

 

10分で800文字